January 4, 2018 / 3:18 AM / 9 months ago

日経平均は500円超える上昇、昨年11月9日高値が射程に


*12:11JST 日経平均は500円超える上昇、昨年11月9日高値が射程に
 日経平均は大幅に反発。561.12円高の23326.06円(出来高概算8億株)で前場の取引を終えた。2日から取引を再開した米国市場では、ハイテク株への物色が強まり、NYダウは2日間で200ドルを超える上昇となっている。この流れを受けたシカゴ日経225先物清算値は、大阪比410円高の23160円と23000円を超えており、これにサヤ寄せする格好から、幅広い銘柄に買いが先行。その後もアジア市場の上昇や円相場がやや円安に振れるなか、一時23335.06円まで上げ幅を広げている。

 東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1600を超えており、全体の8割を占めている。セクターでは証券、石油石炭、鉱業、海運、その他製品が3%を超える上昇。一方で、ゴム製品が小幅に下落している。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ファナック6954、東エレク8035、ソフトバンクG9984、京セラ6971が強い値動きだった。

 米ハイテク株高が買い安心感につながっており、日経平均は昨年11月9日高値23382.15円にあと50円弱に迫っている。ダブルトップが意識されやすく、利益確定の売りも出やすいところであろう。ただし、もち合いレンジを上放れてきたところでもあり、さらにトレンドが強まる可能性はありそうだ。そのため、利益確定は出たとしても、ショートポジションは避けたいところであろう。

 物色としては指数インパクトの大きい値嵩株が日経平均を牽引する格好だが、昨年11月高値に接近するなか、突破を見極めたいとのムードから積極的な上値追いには慎重になりやすいだろう。まずは23000円処を固める流れの中で押し目拾いのスタンスとなろう。仮想通貨関連の一角が動意づいているが、2018年も活躍するとみられるテーマ株等に、個人主体の資金が向かいやすいだろう。日経平均が高値圏でのこう着となれば、新興市場の中小型株への物色が強まりそうだ。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below