January 19, 2018 / 3:17 AM / 8 months ago

日経平均は反発、本格化する決算発表を前に売り買いが交錯


*12:12JST 日経平均は反発、本格化する決算発表を前に売り買いが交錯
 日経平均は反発。73.47円高の23836.84円(出来高概算6億9000万株)で前場の取引を終えた。18日の米国市場では前日の大幅上昇に対する利益確定の流れが優勢だったが、シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高だったこともあり、日本株市場はこれにサヤ寄せする格好から、前日の下げに対する自律反発の流れとなった。ただし、来週から本格化する決算発表を前に売り買いが交錯しており、日経平均は23800円を挟んでの狭いレンジ取引が継続している。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1400を超えており、全体の7割を占めている。セクターではその他製品、空運、建設、パルプ紙、金属製品、不動産が上昇。半面、ゴム製品、電力ガス、精密機器が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、京セラ6971、日東電6988、ヤマハ7951、ブリヂストン5108が重しになっている。売買代金上位では任天堂7974、メガバンク3行やトヨタ7203が堅調。

 日経平均は5日線処でのもち合いが続いている。来週から決算発表が本格化することもあり、機関投資家等は動きづらくなりそうだ。そのため、決算を手掛かりとした個別物色のほか、テーマ性のある銘柄での短期的な値幅取り狙いの商いが中心になりそうだ。23日の安川電6506、26日のファナック6954、信越化4063の動向がセンチメントを左右させそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below