January 25, 2018 / 3:12 AM / 3 months ago

日経平均は大幅続落、日本電産の切り返しが安心感にも


*12:07JST 日経平均は大幅続落、日本電産の切り返しが安心感にも
 日経平均は大幅に続落。217.18円安の23723.60円(出来高概算8億株)で前場の取引を終えた。日経平均は3ケタの下落から始まった。24日の米国市場ではダウは反発し最高値を更新したが、ハイテク株が売られており、昨日は安川電6506、ファナック6954、ソニー6758の下げ同様、センチメントを悪化させている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比170円安の23740円となり、これにサヤ寄せする格好に。その後、昨日の決算で注目されていた日本電産6594が切り返したほか、安川電6506がプラスに転じた流れもあり、日経平均も下げ渋る場面もみられた。しかし、日経平均は5日線に上値を抑えられる格好から、再び下げ幅を広げている。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1400を超えており、全体の7割近くを占めている。セクターでは、空運、銀行、証券、輸送用機器、繊維、保険、金属製品が軟調。半面、石油石炭、鉱業が小じっかりだった。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ファナック6954、ソフトバンクG9984、アドバンテスト6857、京セラ6971が下落。一方で、電通4324、住友鉱山5713、安川電6506が僅かに下支えする格好。

 日経平均はギャップ・ダウンで始まり、その後は下げ幅を縮める場面もみられたが、5日線に上値を抑えられる格好となった。後場は日銀のETF買い入れへの思惑が需給面での下支えとして意識されるが、戻りの鈍さが意識されてくるようだと、短期筋の売り仕掛けに押される可能性がありそうだ。ただし、日本電産6594がプラスに転じたほか、安川電6506も戻りは鈍いものの上昇しており、やや安心感にはつながりそうだ。そのため、インデックスに振らされづらい銘柄へは押し目拾いの流れもみられよう。

 また、マザーズ指数は売り買い交錯から若干下げて推移しているが、JASDAQはプラス圏で推移するなど、中小型株への物色は引き続き活発である。需給状況の良好な中小型株には値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below