February 8, 2018 / 3:14 AM / 3 months ago

日経平均は続伸、足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される


*12:07JST 日経平均は続伸、足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される
 日経平均は続伸。55.57円高の21700.94円(出来高概算8億2000万株)で前場の取引を終えている。7日の米国市場では長期金利の上昇が嫌気されたが、NYダウは19ドル安と小幅な下落にとどまっており、昨日の時点でNYダウの200ドル安を織り込んでいた流れの中、ショートカバーが先行する格好となった。続伸で始まった日経平均はその後もじりじりと上げ幅を広げており、前場半ばには一時21904.90円まで上げ幅を広げる場面をみせている。しかし、次第に戻り待ちの売り圧力に押される格好となり、前日比ほぼ変わらずの水準まで上げ幅を縮める場面もみられている。

 東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターではゴム製品、輸送用機器、ガラス土石、空運、サービス、精密機器、機械がしっかり。一方で、その他製品、非鉄金属、海運、食料品、電力ガス、鉄鋼、水産農林が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、トヨタ7203、ダイキン6367、中外薬4519が下支え。

 日経平均は自律反発の動きをみせているが、戻りの鈍さが意識される。もっとも、決算発表が本格化している中では機関投資家は動けず、結局は先物主導によるインデックス売買に振らされる状況であろう。明日はオプションSQを控えているが、直近の乱高下でポジション調整も一巡しているとみられ、大きなトレンドは出難いだろう。

 また、米国は一先ず落ち着いているようだが、足元の乱高下による需給面での歪みが1、2日程度で解消されるとは考えづらく、値動きの荒い展開が続きそうである。また、ボラティリティーの指数を含め指数連動のデリバティブへの投資額が2兆ドルとの試算もある。これの巻き戻しが行われており、しばらくは波乱含みの展開が警戒される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below