March 9, 2018 / 3:16 AM / 5 months ago

日経平均は続伸、先物主導で一気に週末モードに


*12:12JST 日経平均は続伸、先物主導で一気に週末モードに
 日経平均は続伸。186.60円高の21554.67円(出来高概算10億2000万株)で前場の取引を終えた。注目されていたトランプ米大統領による関税計画の詳細発表では、カナダとメキシコへの関税適用を除外し、他の同盟国にも交渉余地を残すことが明らかとなった。既に報道されていたことではあるが、一先ず貿易戦争への警戒感が和らぐ格好に。シカゴ日経225先物清算値は大阪比265円高だったが、この流れを引き継ぐ格好から、日経平均は21500円を回復して始まった。さらに、北朝鮮の金正恩委員長はトランプ米大統領に早期の会談を要請し、トランプ大統領は5月までに会談すると応じたと報じられたことを受けて急動意をみせ、一時21884.45円まで上げ幅を拡大させる場面をみせている。ただ、その後先物主導で急速に上げ幅を縮める格好となり、値動きの荒さが目立っている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは建設、石油石炭、精密機器、機械、化学、水産農林、海運、食料品、保険が堅調。一方で、鉄鋼、パルプ紙、電力ガス、証券が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、東エレク8035、ダイキン6367がけん引。

 SQ値概算は21575.45円だったが、これを下回ってきている。日経平均は一時25日線を突破する局面もみられたが、その後急速に上げ幅を縮めてきており、一気に週末モードに入った格好であろう。米雇用統計の結果を見極めたいとする模様眺めムードが高まり易く、手掛けづらさが意識されてきそうである。また、プラス圏での推移とはいえ、11時以降の225先物は20分程度で高値から300円程度値を下げており、こういった値動きの荒さも手掛けづらくさせそうである。

 日経平均はSQ値レベルでのこう着となるようだと、中小型株についても次第に利益確定の流れに向かわせやすいだろう。物色対象に広がりがみられるというよりも、強い銘柄に短期筋の資金が集中する格好になりそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below