April 9, 2018 / 3:17 AM / 11 days ago

日経平均は小幅反発、内需主導だが押し目拾いの流れが次第に強まろう


*12:13JST 日経平均は小幅反発、内需主導だが押し目拾いの流れが次第に強まろう
 日経平均は小幅に反発。12.90円高の21580.42円(出来高概算6億5000万株)で前場の取引を終えた。6日の米国市場ではNYダウが570ドルを超す下落となった。朝方はこれにサヤ寄せする格好から先物主導のインデックス売りが先行するものの、このところは下値の堅さも意識されるなか、小幅安から始まった。その後は先週末の終値を挟んでのこう着ではあるが、値ごろ感からの買いも入りやすく、小幅ながらもプラス圏での推移が続いた。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1100を超えており、過半数を占めている。セクターでは水産農林、食料品、電力ガス、保険、パルプ紙、医薬品、不動産がしっかり。半面、石油石炭、鉱業、海運、鉄鋼、機械、ゴム製品、繊維、卸売がさえない。指数インパクトの大きいところでは、ハイテク株の弱さが目立つ中、ファーストリテ9983など内需ディフェンシブ系の銘柄が日経平均を下支えしている。

 日経平均は小幅な値動きではあるが、5日線、25日線を上回って推移しており、底堅さが意識される。一目均衡表では遅行スパンが実線を上抜く格好となり、上方シグナルを発生させてきている。調整トレンドの上限レベルではあるが、徐々にシグナルが好転してきており、センチメントの改善につながろう。

 また、値がさハイテク株が弱含みで推移しているほか、米ハイテク株の動向も引き続き警戒要因ではある。しかし、ファーストリテ9983など内需ディフェンシブ系の銘柄が下支えとなり、安心感につながっている。今週は小売決算が佳境を迎えるが、良好な決算を維持しつつ、外需セクター等へのシフトをみせてこよう。また、中小型株は値動きの荒さも意識されているが、押し目を拾う動きもみられている。グローベックスのNYダウ先物は100ドル高程度で推移しており、押し目拾いの流れが次第に強まろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below