April 13, 2018 / 3:18 AM / 5 months ago

内需からの資金シフトによって日経平均のリバウンド基調持続


*12:13JST 内需からの資金シフトによって日経平均のリバウンド基調持続
 日経平均は反発。111.41円高の21771.69円(出来高概算8億2000万株)で前場の取引を終えた。シリア情勢の緊張緩和やトランプ大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰を検討するよう指示したことが材料視された12日の米国市場の上昇が支援材料となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円高の21810円をつける中、これにサヤ寄せする格好から買いが先行した。

 また、指数インパクトの大きいファーストリテ9983の決算評価の流れが日経平均を押し上げる格好。SQに絡んだ売買についても、225型、TOPIX型いずれも買い越しだった。SQ値については概算で21853.92円となり、一時21917.35円まで上昇してSQ値をクリアしている。セクターでは海運、銀行、証券、鉄鋼、非鉄金属、機械が上昇。半面、サービス、小売、医薬品、食料品が利食い優勢。

 日経平均は買い一巡後はこう着感が強まっており、5日線レベルでの攻防をみせている。ファーストリテ9983は次第に利食い優勢となり、SQ値(21853.92円)も下回っていることから、週末モードに入りやすいところである。また、米国ではJPモルガン、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ等の金融機関の決算が予定されている。そのため、この決算に対する市場反応を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすい。

 その他、シリア情勢の緊張が和らいでいるとはいえ、積極的にオーバーウィークのポジションを取りにいく動きも限られよう。15日には北朝鮮・故金日成氏誕生日が控えていることも手掛けづらくさせそうだ。とはいえ、安川電6506は買い一巡後は売り買いが交錯しているものの、同社の決算を受けて、省力化や設備投資関連への波及もみられており、内需からの資金シフトによって日経平均のリバウンド基調持続が意識される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below