May 8, 2018 / 3:27 AM / 14 days ago

日経平均は3日ぶり反発、22500円水準で主力企業の決算待ち


*12:24JST 日経平均は3日ぶり反発、22500円水準で主力企業の決算待ち
 日経平均は3日ぶり反発。69.26円高の22536.42円(出来高概算8億6000万株)で前場の取引を終えている。

 トランプ米大統領がイラン核合意に関する米国の方針を現地時間8日(日本時間9日未明)に発表することを明らかにし、円相場はイラン情勢の緊迫化への懸念などから1ドル=108.80円台まで強含む場面があった。本日の東京市場ではこれを嫌気した売りが先行し、日経平均は26円安からスタートした。ただ、7日の米国市場ではNYダウが3日続伸しており、寄り付き後の日経平均は欧米株が堅調なことを好感した買いにより22566.68円(99.52円高)まで上昇する場面があった。

 個別では、欧州製薬大手シャイアーに対し正式に買収提案すると報じられた武田薬4502が2%超高で前場を折り返した。東京電力HD9501は5%高と大幅続伸。その他では任天堂7974、三菱UFJ8306、コマツ6301などが堅調で、ソフトバンクG9984やキーエンス6861は小高い。一方、ソニー6758、ファーストリテ9983、トヨタ自7203などが小安く、日本電産6594や日産自7201は軟調。セクターでは、水産・農林業、その他金融業、金属製品などが上昇。反面、鉱業、パルプ・紙、石油・石炭製品がさえない。

 朝安後に切り返した日経平均だが、2日高値22568.19円を前に上げ一服感もあり、この水準が心理的な抵抗として意識されていることが窺える。明日のトヨタ自など主力企業の決算発表が控えているとあって、積極的に上値を追う動きは取りにくいだろう。後場の取引時間中には三菱商8058など大手商社の決算発表が予定されており、個別対応中心の相場展開が続きそうだ。なお、トヨタ自は異例となる取引時間中の決算発表を予定しており、市場では思惑も広がっているようだ。

 新興市場ではマザーズ指数の堅調ぶりが目立つ。週後半には決算発表の第2のピークを迎えるため、幕間つなぎ的な物色である可能性も考慮する必要はあるだろう。ただ、マザーズ指数は抵抗として意識されていた25日移動平均線を上抜けしており、決算発表一巡後の本格的な出直りへの期待が高まりやすい。(小林大純)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below