for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は大幅続落、北朝鮮リスク背景に短期筋の売り

*12:19JST 日経平均は大幅続落、北朝鮮リスク背景に短期筋の売り

 日経平均は大幅続落。247.96円安の22712.38円(出来高概算7億7000万株)で前場の取引を終えている。

 22日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、178ドル安となった。トランプ大統領が韓国の文在寅大統領との会談で、来月予定される北朝鮮の金正恩委員長との首脳会談を見送る可能性に言及した。地政学リスクに対する警戒感が高まり、前日の大幅上昇に対する反動も相まって利益確定の売りが広がった。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで91円安からスタートすると、円相場が一時1ドル=110円台半ばまで強含むとともに22649.85円(310.49円安)まで下落する場面があった。

 個別では、指数寄与度の大きいファーストリテ

9983

のほか、任天堂

7974

、マネックスG

8698

、ソニー

6758

、SUMCO

3436

などが2%超下げた。ソニーは前日の取引時間中に発表した中期経営計画を受けた売りが続いた。その他売買代金上位もトヨタ自

7203

、三菱UFJ

8306

、ソフトバンクG

9984

、武田薬

4502

など全般さえない。一方、レーティング引き上げの動きが観測されたリクルートHD

6098

は2%超高となった。NTT

9432

、7&iHD

3382

といった内需・ディフェンシブ関連株の一角も堅調。逃避資金が向かったようだ。東海カーボ

5301

や村田製

6981

は小高い。セクターでは、鉱業と石油・石炭製品の下げが目立ち、その他も海運業など全般軟調。上昇したのは空運業、サービス業の2業種にとどまった。

 市場では海外のヘッジファンドによる日経平均先物の売りが観測されている。日経平均は今週はじめ、約3カ月半ぶりに節目の23000円台を回復したが、その後は上値が重くこう着感を強めていただけに、短期筋の売りがかさんだものと思われる。6月12日に開催予定の米朝首脳会談だが、想定されたとおり主導権を巡る双方のサヤ当てが激しくなっている。堅調な企業業績に対する市場の見方に変化は窺えないが、米朝首脳会談までは手掛けづらさが意識されるなか、先物主導で振らされる場面が度々出てきそうだ。

 新興市場でもマザーズ指数、日経ジャスダック平均が5日ぶりに反落している。マザーズ市場ではメタップス

6172

やALBERT

3906

といった直近の人気株が値を飛ばしており、個人投資家の中小型株に対する物色意欲は根強いと考えられる。しかし、北朝鮮リスクの高まりは個人投資家の手控えムードにつながりやすく、同国情勢には注意を払っておきたい。(小林大純)

《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up