July 5, 2018 / 3:25 AM / 4 months ago

日経平均は4日続落、模様眺めムード続くなかでETF買い入れ期待が下支え


*12:24JST 日経平均は4日続落、模様眺めムード続くなかでETF買い入れ期待が下支え
 日経平均は4日続落。32.77円安の21684.27円(出来高概算5億9729万株)で前場の取引を終えた。4日の米国市場では、独立記念日による祝日で休場だったことから海外勢がフローは限られるなか、日経225先物にナイトセッション終値である21670円にサヤ寄せする格好から本日の日経平均は売り先行でのスタートとなった。その後は、前日に年初来安値を割り込んだ東京エレクトロン8035や信越化学4063といったハイテク株の一角にリバウンドの動きがみられるなか、日経平均はプラスに転じる場面もあった。

 東証1部の値下がり数は1500を超えており、全体の約7割を占めている。セクターでは、石油石炭製品、非鉄金属、小売業が軟調な一方で、その他製品、保険業、医薬品は堅調であった。個別では、前日に決算を発表した良品計画7453が11%を超える下落となった。同社の第1四半期営業利益は133億円で前年同期比12.2%増益、14四半期連続での増益となり、通期計画500億円、前期比10.4%増に対しても順調なスタートになったものの、サプライズには乏しく、出尽くし感が先行する形になった。また、4-6月の中国の販売動向が伸び悩みとの会社側コメントなども警戒されているもよう。

 前場の東京市場では、日経平均は一時プラスに転じる場面があったものの、その後の上値追いには慎重になっている。米中両国が相互に高関税措置に入る6日が近づくなか、雇用統計の前哨戦となる米ADP雇用報告の発表も控えており、様子見ムードに繋がっているようだ。中国関連銘柄とされるコマツ6301などに対する物色はみられているものの、良品計画の決算に対する市場反応などを勘案すると中国景気の動向に対する警戒感は完全には払拭されていないようだ。テクニカル面においても、日経平均は直近でダブルボトムを形成しており、重要イベント通過前といった外部環境も勘案すると目先は大きなリバウンドは見込みにくい。一方で、これまで指数を押し下げていた値がさハイテク株が自律反発をみせているほか、後場にかけては日銀のETF買い入れへの思惑が下支え役として意識されよう。(雲宮 祥士)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below