July 30, 2018 / 3:40 AM / 19 days ago

日経平均は下落、金融政策決定会合の結果待ちに


*12:32JST 日経平均は下落、金融政策決定会合の結果待ちに
 日経平均は下落。125.05円安の22587.70円(出来高概算6億8000万株)で前場の取引を終えた。週末27日の米国市場の下落影響のほか、1ドル110円台での為替相場が嫌気されるなか、利食い優勢の相場展開となった。また、長期金利の上昇を背景に銀行株が買われる局面がみられるなど、金融政策決定会合で現行の金融政策の調整を検討するとの観測を背景に金利上昇圧力が掛かっている。そのため、今日からの金融政策決定会合、その後の黒田総裁会見を見極めたいとの模様眺めムードが強まった。その他、決算発表が第一弾のピークを迎えることも、手掛けづらさにつながっている。

 セクターでは医薬品、電力ガス、サービス、その他製品、食料品、石油石炭が軟調な半面、ゴム製品、銀行、鉱業、海運がしっかり、指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、エーザイ4523、大日住薬4506が重石となっている。

 日経平均は5日線を挟んでのこう着が続いており、金融政策決定会合の結果待ちとなっている。長期金利が上昇傾向をみせ、銀行株が買われるなど、市場は金融緩和政策の修正を織り込む格好から先回り的なポジション調整みせているようである。そのため、リバランスが中心となり、日経平均が不安定な動きをみせるなか、相対的にTOPIXの底堅さが意識されている。とはいえ、緩和政策の修正に関しては先週からこれに備えたポジションのシフトが行われており、決定会合通過後はポジションの巻き戻しが起こる可能性がある。そのため、積極的にポジションを傾けることも難しいところである。

 また、決算発表が第一弾のピークを迎えている。決算評価の動きも散見されるなか、好決算銘柄での短期的な値幅取り狙いが活発化しよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below