August 20, 2018 / 3:13 AM / a month ago

日経平均は反落、イベント控えこう着も、個人の物色は次第に強まる


*12:09JST 日経平均は反落、イベント控えこう着も、個人の物色は次第に強まる
 日経平均は反落。39.92円安の22230.46円(出来高概算4億8000万株)で前場の取引を終えた。先週末の米株高の流れを受けて、先週末比ほぼ変わらずの水準で始まると、寄り付き直後には一時22288.31円と上昇に転じる局面もみられた。しかし、米半導体関連の弱い値動きの流れのほか、中国商務次官の今月下旬の訪米を控えるなかでの、対中追加関税の公聴会と、パウエルFRB議長が講演するジャクソンホール会議という2大イベントを控えるなか、その後はマイナス圏でのこう着感の強い相場展開となった。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1400を超えており、全体の7割近くを占めている。セクターでは、その他製品、パルプ紙、鉱業、不動産が小じっかりな他は、倉庫運輸、非鉄金属、金属製品、卸売、陸運、海運、空運が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ユニファミマ8028、東エレク8035、ファナック6954が重石。

 日経平均は前場半ばには一時22150.75円まで下げ幅を広げる局面もみられたが、全体としては5日線を挟んでこう着が続いている。ソフトバンクG9984がプラス圏を回復しているほか、マザーズ指数は5日線処での踏ん張りをみせており、買い一巡後はじりじりと値を消す銘柄が散見されていたが、前場半ば辺りからは徐々に押し目を拾う動きもみられている。東証1部の出来高は5億株を下回っており、イベントを前に依然として参加者は限られている。

 そのため、全体の方向性は出難い需給状況ではあるが、踏ん張りをみせてきているマザーズ銘柄の一角には、夏休み明けの個人投資家の短期資金が流入しやすいとみられる。日経平均を横目に、センチメントに影響を与えるソフトバンクGと中小型株への物色が強まりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below