September 10, 2018 / 3:21 AM / 2 months ago

日経平均は小反発、TOPIXプラス圏で後場は短期筋の売り仕掛けを警戒か


*12:15JST 日経平均は小反発、TOPIXプラス圏で後場は短期筋の売り仕掛けを警戒か
 日経平均は小反発。7.30円高の22314.36円(出来高概算5億3000万株)で前場の取引を終えた。トランプ米大統領が中国の2000億ドル相当の製品に加えて、2670億ドル相当の製品への追加関税を課す準備はできていると伝えられたことが嫌気され、米株市場の下落を引き継ぐ格好から売りが先行した。しかし、4-6月期実質GDP2次速報が前期比年率+3.0%となり、1次速報の+1.9%から上方修正され、コンセンサスも上回ったことが材料視され、寄り付き直後に付けた22249.61円を安値に切り返す展開。米雇用統計を受けた利上げ観測から保険株が堅調なほか、ソニー6758が外資系証券による目標株価引き上げの中で上昇し、さらにファナック6954、京セラ6971が日経平均を下支えする格好となった。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは保険のほか、鉱業、銀行、海運、機械、非鉄金属がしっかり。半面、食料品、繊維、サービス、陸運、化学が小安い。指数インパクトの大きいところでは、テルモ4543が堅調な一方で、ファーストリテ9983が重石となった。

 日経平均は一時22382.53円まで上昇する局面もみられたが、若干のショートカバーのほか、値ごろ感からの押し目拾いにとどまっているとみられ、先週末の終値を挟んでのこう着となっている。週末には先物・オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)が控えていることもあり、方向感は掴みづらいところである。また、TOPIXはプラスで前場を終えていることもあり、日銀のETF買い入れが期待しづらい中、先物主導で短期筋の売り仕掛けも警戒されやすいだろう。そのため、よりこう着感が強まりやすく、次第に利益確定の流れが強まる可能性がありそうだ。

 一方で、底堅さが意識されているマザーズ指数は、1000Ptの攻防から同水準を支持線に変えてくる可能性があり、外部環境が不透明な中では個人主体の中小型株に値幅取り狙いの資金がシフトしやすい。物色対象に広がりは見られないものの、値動きの強い銘柄や需給状況が良好な銘柄へは、個人主体の資金が向かいやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below