October 29, 2018 / 3:18 AM / 19 days ago

日経平均は小幅続落、信越化の決算評価もマザーズの下げが不安心理強める


*12:12JST 日経平均は小幅続落、信越化の決算評価もマザーズの下げが不安心理強める
 日経平均は小幅に続落。19.30円安の21165.30円(出来高概算6億4000万株)で前場の取引を終えた。26日の米国市場はハイテク株中心に下落となったが、アマゾンやアルファベットの決算を嫌気した下げについては時間外で織り込まれている状況の中、足元の急落に対する自律反発の流れが先行した。また、信越化4063の良好な決算内容も安心感につながり、21300円を回復して始まった日経平均は、一時21465.99円まで上げ幅を広げる局面もみられた。しかし、次第に戻りの鈍さが意識される中、マザーズ指数が早い段階で下げに転じるなど、戻り待ちの売り圧力に押される格好となり、結局は日経平均も前引け間際には下げに転じている。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1200を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは精密機器、サービス、保険、情報通信、ガラス土石、銀行、電気機器が軟調。半面、その他金融、電力ガス、空運、建設、パルプ紙が堅調。指数インパクトの大きいところでは、信越化が日経平均を支える一方で、テルモ4543、KDDI9433、リクルートHD6098、リコー7752、アステラス製薬4503が重石。

 寄り付き段階では信越化の決算がセンチメントを明るくさせたが、日経平均の戻りは限定的となり、下降する5日線に上値を抑えられる格好となった。もっとも、マザーズ指数が早い段階で下げに転じ、下落率が3%を超える状況の中、個人主体の需給悪化への警戒が戻りを鈍くした感はあろう。先週の急落局面で強制ロスカットもあり、しばらくは需給整理の進捗を見極める格好になりそうである。強いトレンドが続いていた銘柄ほど下げがきつい状況でもあり、利益確定の動きを加速させている動きから、割安感や値ごろ感からの買いも入りづらい状況のようである。

 下値不安の強い相場展開が続く中、決算を手掛かりとした日替わり的な物色になろう。また、日経平均は足元で24000円までの上昇分を倍返しで下げてきており、いったんは落ち着きがみられやすい水準ではある。イレギュラー的な価格形成になりやすい需給状況ではあるが、冷静に押し目を探りたいところであろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below