April 1, 2019 / 3:21 AM / 25 days ago

日経平均は大幅続伸、新元号は「令和(れいわ)」、ご祝儀ムードが高まりやすい状況


*12:14JST 日経平均は大幅続伸、新元号は「令和(れいわ)」、ご祝儀ムードが高まりやすい状況
 日経平均は大幅続伸。473.63円高の21679.44円(出来高概算7億2000万株)で前場の取引を終えた。3月29日の米国市場では、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やムニューシン米財務長官らが米中協議を終了し、週明けの交渉継続を明らかとし、協議進展への期待からNYダウが200ドル超の上昇となった。また、中国の3月製造業PMIは50.5となり、2018年10月以来5カ月ぶりに節目の50を上回ったことが材料視される中、日経平均はシカゴ先物を大きく上回ってのギャップ・アップからのスタートとなった。また、名実ともに新年度相場入りとなったほか、新元号発表を控えてのご祝儀的な資金流入との見方もされていた。また、日銀短観については予想を下回ったが、市場反応は限られていた。

 東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1900を超えており、全体の9割を占める全面高商状。セクターでは空運を除く32業種が上昇しており、石油石炭が4%を超える上昇となったほか、鉄鋼、非鉄金属、海運、金属製品、医薬品、輸送用機器、銀行、ガラス土石、電気機器の強さが目立つ。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ファナック6954、ソフトバンクG9984、第一三共4568、東エレク8035の5社で日経平均を約133円押し上げている。

 日経平均はマドを空けての上昇となり、サプライズ感のある新年度相場となった。米中通商協議の進展期待のほか、中国の3月製造業PMIの改善についても材料視された格好であろう。日経平均は一気に25日線を回復しており、その後もじりじりと上げ幅を拡大させており、売り方の買い戻しを誘う流れにもなりやすいところであろう。また、新元号発表を控える中で、ご祝儀相場的な資金流入との見方もされており、そのくらい強い相場展開といったところである。

 なお、新元号は「令和(れいわ)」と発表された。ご祝儀ムードが高まりやすい状況の中であり、後場も底堅い相場展開が意識されることであろう。また、個人主体の資金などは、関連する銘柄などを探る動きが活発化してくることが考えられよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below