April 8, 2019 / 3:15 AM / 2 months ago

日経平均は小反落、抵抗線到達でいったん利益確定


*12:11JST 日経平均は小反落、抵抗線到達でいったん利益確定
 日経平均は小反落。18.16円安の21789.34円(出来高概算5億4000万株)で取引を終えた。3月の米雇用統計の結果を材料視した米株高の流れを引き継ぐ格好から、日経平均は21900円を回復して始まった。ただし、寄り付きで付けた21900.55円を高値にその後はこう着感が強まり、次第に上げ幅を縮めると、先週末の終値を挟んでの推移が続いた。日経平均に対してTOPIXの下落率が大きく、インデックスに絡んだ売買が中心ではあるが、日経平均の200日線接近で利益確定の流れが強まった格好のようである。

 東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、鉱業、石油石炭、不動産、電力ガス、食料品、金属製品、繊維がしっかり。一方で、保険、銀行、非鉄金属、海運、機械、輸送用機器が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、東エレク8035、信越化4063が重石になる半面、ファーストリテ9983が下支えする格好。

 日経平均はもち合いレンジ(21000-21800円)処からの上放れが意識されているが、テクニカル面では21910円処に位置している200日線に上値を抑えられた格好であろう。もっとも、200日線を一気に上放れてトレンドが強まるとみる向きは限られていたと考えられるため、抵抗線到達でいったん利益確定といったところである。また、セクターでは週末のNY原油先物相場の上昇を背景に資源株が上昇しているが、その他では先週強い値動きをみせていた景気敏感セクターは総じて利食いに押されているため、直近の上昇に対する一服とみられ、引き続き需給状況は改善傾向にあるだろう。

 米中通商協議の行方については、月内合意は厳しいとみられ、引き続き進捗状況を見守るところであろう。決算についてはファーストリテのほか、安川電機6506の決算内容のほか、これを受けた市場反応を見極めたいところである。さらに欧州議会は、英国議会が4月12日までに離脱協定案を賛成多数で承認することができれば、EU側としては離脱期日を5月22日まで延期すべきとの考えを述べており、まずは12日の離脱協定案の行方を見極めたいところであろう。そのため、大きなトレンドは出難いものの、底堅い相場展開が続こう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below