February 10, 2020 / 3:19 AM / 13 days ago

日経平均は続落、企業活動再開による中国金融市場の落ち着きを見極め


*12:14JST 日経平均は続落、企業活動再開による中国金融市場の落ち着きを見極め
 日経平均は続落。49.69円安の23778.29円(出来高概算5億8000万株)で前場の取引を終えた。7日の米国市場が下落したこともあり、予想を上回る米雇用統計の結果に対する反応は限られ、新型コロナウイルスによる肺炎拡大に対する警戒感が買い手控えにつながった。日経平均はシカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行。ただ、中国の1月消費者物価指数(CPI)が前年同月比5.4%上昇したことが場中に伝わると、化粧品関連などを中心に物色の動きも見られ、その後は下げ幅を縮める展開となった。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、海運、医薬品、非鉄金属、電気機器、ゴム製品などが冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、TDK6762、バンナムHD7832、オリンパス7733などが重石。個別では決算を手掛かりとした物色がみられているほか、先週は利食いに値を下げていた新型肺炎関連への物色が再燃する動きもみられている。

 中国では上海などの大都市や製造業の集積地である広東省などで企業が活動を再開することもあり、工場再開など生産回復を見極めたいとする模様眺めムードも強いと考えられる。一方で、中国人民銀行(中央銀行)は新型コロナウイルス対策の特別再貸付資金のうち、初回分を10日に供給すると伝えられており、金融市場の落ち着きを期待する向きもあり、本日の中国・上海市場の動向を受けて想定よりもセンチメントは良いといったところ。

 日経平均は先週のリバウンドで24000円に接近する局面もみられていたが、この水準を買い上がるには新型コロナウイルスの封じ込めを見極めたいところであり、足元では25日線が位置する23600円処といったテクニカル面での支持線での底堅さを見極めるところであろう。また、11-12日にかけてパウエルFRB議長が議会証言を行う予定であり、世界経済に対するコロナウイルスの影響をどの程度考慮しているのかに注目したいところでもある。

 その為、全体の方向感は掴みづらくなるため、物色の流れとしては決算を手掛かりとした日替わり的に手掛ける流れが中心になりそうである。資金回転は速そうであるが、今週も1200社程度の決算発表が予定されていることもあり、決算評価の銘柄等には、短期筋の資金が集中しやすいだろう。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below