May 18, 2020 / 3:20 AM / 3 months ago

日経平均は続伸、心理的には一段のリバウンドが期待されるところ


*12:14JST 日経平均は続伸、心理的には一段のリバウンドが期待されるところ
 日経平均は続伸。140.32円高の20177.79円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えた。先週末の米国市場の上昇の流れを引き継ぐ格好から小幅に続伸して始まり、寄り付き直後に19999.10円と2万円を下回る局面もみられたが、その後は底堅さが意識される中、前引けにかけてじりじりと上げ幅を拡大させている。

 楽観視は出来ないとはいえ、新型コロナウイルスについては東京都の感染者は減少傾向にあるほか、大阪では感染者数がゼロとなるなど、経済活動の再開への期待が高まりやすく、底堅さが意識される中で押し目買い意欲が強まっている。

 東証1部の騰落銘柄は値上がり、値下がり数は拮抗。セクターでは鉱業、水産農林、情報通信、石油石炭、サービス、ゴム製品が堅調。半面、鉄鋼、空運、倉庫運輸、電気機器、繊維、電力ガスが冴えない。指数インパクトの大きいところでは、エムスリー2413、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、KDDI9433、日産化4021が堅調。一方で、東エレク8035、TDK6762、アドバンテスト6857、太陽誘電6976、ソニー6758など、ハイテク株が重石になっている。

 日経平均は2万円処での底堅さが意識される中、前引けにかけて上げ幅を広げてきている。先週末に決算を発表したエムスリーが急伸しており、日経平均をけん引する格好である。また、5000億円を上限に自社株買いを実施すると発表したソフトバンクGが上昇となったことも指数の押し上げ役であろう。

 2万円処での底堅さが意識される中、じりじりと上げ幅を拡大させたことにより、テクニカル面では一目均衡表の雲上限突破を目指す展開が意識されてくる。雲上限といった足元で上値抵抗として意識されている水準を上放れることが出来れば、心理的には一段のリバウンドが期待されるところ。また、グローベックスの米株先物はNYダウが強い動きをみせていることも、安心感につながりやすいだろう。

 一方で、ソフトバンクGは決算を控えているほか、東エレクなどハイテク株が総じて軟調な点が気掛かりである。ファーウェイ問題による米中緊張も警戒されやすいため、強弱感が対立しやすいところ。ただ、下値の堅さからはショートポジションは取りづらく、押し目を拾う流れが徐々に下値を切り上げる格好が期待される。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below