Reuters logo
日経平均は反発、原油高を受けて1ヶ月ぶりに17000円台回復
2016年10月11日 / 07:01 / 1年後

日経平均は反発、原油高を受けて1ヶ月ぶりに17000円台回復


*15:55JST 日経平均は反発、原油高を受けて1ヶ月ぶりに17000円台回復
日経平均は反発。日本が連休中だった10日の米国市場で、原油高が好感されてNYダウが3日ぶりに反発した流れを受けて、日経平均は76円高からスタートした。寄り付き後も上げ幅を拡大し、取引時間中としては9月9日以来約1ヶ月ぶりに17000円台を回復した。前場に一時17074.46円(前週末比214.37円高)まで上昇する場面があったが、その後は強弱感が対立したほか、為替相場が1ドル=104円近辺で円安一服となったこともあり、おおむね17000円台でのもみ合いとなった。

大引けの日経平均は前週末比164.67円高の17024.76円となった。東証1部の売買高は16億6516万株、売買代金は1兆8711億円だった。業種別では、鉱業、石油・石炭製品、海運業が上昇率上位だった。一方、空運業、その他金融業、鉄鋼が下落率上位だった。

個別では、自己株式の消却を発表したソフトバンクグ9984が3%超上昇し、ファナック6954とともに指数の押し上げ役となった。村田製6981、日本電産6594、日本郵船9101、国際帝石1605も3%前後上昇した。その他売買代金上位ではソニー6758、ファーストリテ9983が堅調で、トヨタ自7203は小高い。また、マグネシウム電池関連の藤倉ゴ5121や決算が好感されたトーセ4728はストップ高比例配分となり、東証1部上昇率上位に並んだ。一方、がん免疫薬「オプジーボ」の臨床試験結果を受けて小野薬4528が11%安と急落した。売買代金上位では任天堂7974、三菱UFJ8306、三井住友8316、みずほ8411も軟調で、7&iHD3382や日産自7201は2%超下落した。また、小野薬やタカタ7312、ライフコーポ8194などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below