Reuters logo
日経平均は5日続伸、円高で利食い売り先行も底堅さ
2016年11月22日 / 06:46 / 1年後

日経平均は5日続伸、円高で利食い売り先行も底堅さ


*15:44JST 日経平均は5日続伸、円高で利食い売り先行も底堅さ
日経平均は5日続伸。21日の米国市場でNYダウなどの主要株価指数はそろって最高値を更新したが、朝方に福島県沖で発生した地震を受けて為替相場が円高に振れ、日経平均は14円安からスタートした。明日は勤労感謝の日で祝日となることに加え、米国でも明後日に感謝祭が控えており、前場は前日終値を挟んだ小動きとなった。トランプ次期米大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を明言したことも重しとして意識されたようだ。ただ、朝方の地震で大きな被害はなく、後場の日経平均はプラス圏で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前日比56.92円高の18162.94円となった。東証1部の売買高は19億6090万株、売買代金は2兆1727億円だった。業種別では、鉱業、鉄鋼、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、海運業、輸送用機器、ゴム製品が下落率上位だった。

個別では、三菱UFJ8306、任天堂7974、三井住友8316、ソフトバンクG9984などが小じっかり。NTT9432や東芝6502は2%超の上昇となった。カルソカンセ7248は日産自7201が保有株売却で米投資ファンドと合意したと報じられ、商いを伴って10%近く上昇した。また、映画「この世界の片隅に」がヒットの兆しを見せていることから東京テアトル9633がストップ高まで買われ東証1部上昇率トップ。その他安永7271、ルック8029、カルソカンセが上昇率上位に顔を出した。一方、トヨタ自7203、野村8604、信越化4063、ファナック6954などがさえない。三菱電6503、マツダ7261、スズキ7269は2%超下落した。また、東海運9380、アイオデータ6916、さが美8201などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below