Reuters logo
日経平均は3日ぶり大幅反落、東芝の決算延期などでセンチメント悪化
2017年2月14日 / 06:52 / 9ヶ月後

日経平均は3日ぶり大幅反落、東芝の決算延期などでセンチメント悪化


*15:47JST 日経平均は3日ぶり大幅反落、東芝の決算延期などでセンチメント悪化
日経平均は3日ぶり大幅反落。13日の米国市場では、引き続きトランプ政権による減税策への期待の高まりにより主要株価指数がそろって最高値を更新し、本日の日経平均もこうした流れを受けて19円高からスタートした。朝方には19500円に乗せる場面も見られたが、その後は上値の重さが意識されてマイナスへと転じた。後場に入るとトランプ米大統領の側近が辞任したと伝わり投資家心理が悪化。東芝6502が本日予定されていた決算発表を延期したことも重しとなり、日経平均は軟調な展開となった。

大引けの日経平均は前日比220.17円安の19238.98円となった。東証1部の売買高は21億0466万株、売買代金は2兆4041億円だった。業種別では、精密機械が3%近く下げたほか、医薬品、水産・農林業が下落率上位だった。一方、ゴム製品、非鉄金属など4業種のみ上昇した。

個別では、東芝が売買代金トップとなり、後場には9%超安となる場面があった。ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、NTT9432、みずほ8411などその他売買代金上位も全般軟調。業績予想を上方修正したVテク7717は材料出尽くし感から急反落した。また、業績予想を下方修正したニコン7731が東証1部下落率トップとなったほか、ワールドHD2429やアシックス7936が下落率上位に顔を出した。一方、業績上方修正を発表したミネベアミツミ6479や三井金5706が商いを伴って急伸した。その他売買代金上位ではアルプス電6770も逆行高。また、USEN4842の買収を発表したU−NEXT9418や、オプトHD2389、アルバック6728などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below