Reuters logo
日経平均は3日ぶり大幅反落、米政権運営への懸念からリスク回避の売り
2017年3月27日 / 06:50 / 8ヶ月前

日経平均は3日ぶり大幅反落、米政権運営への懸念からリスク回避の売り


*15:46JST 日経平均は3日ぶり大幅反落、米政権運営への懸念からリスク回避の売り
日経平均は3日ぶり大幅反落。注目されていた米国のオバマケア代替法案が取り下げられ、トランプ政権の政策実行能力に疑問符が付く結果となったことから、金融市場ではリスク回避の動きが広がった。円相場は1ドル=110円台前半まで上昇し、日経平均は191円安からスタートすると、前場に一時18932.09円(前週末330.44円安)まで下落する場面があった。3月期末の権利付最終売買日を明日に控え、配当等の権利取りの動きが支えとなったが、売り一巡後も軟調もみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前週末比276.94円安の18985.59円となった。終値で19000円を下回るのは2月9日以来、約1ヶ月半ぶりとなる。東証1部の売買高は17億6293万株、売買代金は2兆0311億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、証券、保険業、不動産業、非鉄金属、海運業が下落率上位だった。

個別では、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、みずほ8411など売買代金上位は全般軟調。米原子力子会社が28日にも破産法の適用を申請すると報じられた東芝6502は一時6%超の下落となるなど荒い値動き。ファーストリテ9983が3%近い下落で指数を下押しし、第一生命HD8750や野村8604といった保険・証券株も下げが目立った。また、KLab3656がストップ安まで売られ、オルトプラス3672や洋鋼鈑5453などとともに東証1部下落率上位となった。一方、目標株価引き上げが観測されたダイキン6367は堅調で、任天堂7974やパナソニック6752も小幅にプラスを確保した。パナソニックは一段のリストラに踏み切ると報じられた。また、MBO(経営陣による買収)の実施を発表したTASAKI7968、連日のストップ高となっている沢藤電6901などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below