Reuters logo
日経平均は4日続落、北朝鮮情勢への警戒感再び
2017年8月21日 / 06:34 / 3ヶ月後

日経平均は4日続落、北朝鮮情勢への警戒感再び


*15:28JST 日経平均は4日続落、北朝鮮情勢への警戒感再び
日経平均は4日続落。前週末のNY市場で円相場が一時1ドル=108.60円台まで上昇したものの、その後円高は一服。日経平均は前週末に230円超下落していたことから、本日は自律反発狙いの買いが先行して39円高からスタートした。しかし、本日からの米韓合同軍事演習により北朝鮮情勢への警戒感が改めて高まり、日経平均は寄り付きを高値にマイナスへと転じた。前引けにかけて一時19365.65円(前週末比104.76円安)まで下落すると、後場に入り下げ渋る場面も見られたが、戻りは限定的だった。

大引けの日経平均は前週末比77.28円安の19393.13円となった。東証1部の売買高は14億0690万株、売買代金は1兆7534億円と6月26日以来の低水準だった。業種別では、証券、銀行業、ゴム製品が下落率上位だった。一方、金属製品、電気・ガス業、鉱業が上昇率上位だった。

個別では、任天堂7974、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、ソニー6758、みずほ8411などが軟調。クボタ6326が2%超下落したほか、子会社ハウステンボスの決算が嫌気されたH.I.S.9603は5%安となった。ゲーム株としてこのところ活況だったKLab3656も急反落。また、前期決算が計画下振れとなったあいHD3076や、日理化4406、関電化4047などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、トヨタ自7203、NTT9432、キーエンス6861、リクルートHD6098などがしっかり。一部証券会社の投資評価引き上げが観測された三菱ケミHD4188は3%超上昇した。また、中小型株ではペッパー3053の人気が続いたほか、サノヤスHD7022がテロ対策、OKAYA6926がワイヤレス給電関連として買われ、東証1部上昇率上位に並んだ。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below