Reuters logo
日経平均は小幅反落、円強含みが重し
2017年8月28日 / 06:54 / 1ヶ月前

日経平均は小幅反落、円強含みが重し


*15:47JST 日経平均は小幅反落、円強含みが重し
日経平均は小幅反落。買い戻しの動きが先行して49円高からスタートしたが、その後は前週末終値を挟んだ小動きが続いた。注目された米金融・経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が年内の追加利上げについて言及せず、円相場が1ドル=109円台前半と強含みで推移したこと、また米長期金利の低下を受けて金融株が軟調だったことなどが重しとなった。本日はロンドン市場が休場のため、海外勢が積極的な売買を手控えたとの見方もあった。

大引けの日経平均は前週末比2.71円安の19449.90円となった。東証1部の売買高は13億4492万株、売買代金は1兆7447億円だった。業種別では、保険業、銀行業、鉱業が下落率上位だった。一方、その他製品、医薬品、繊維製品が上昇率上位だった。

個別では、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、ファーストリテ9983などが軟調で、みずほ8411は小安い。SUBARU7270は2%超の下落。また、邦チタニウム5727は米国へのスポンジチタン輸出についてアンチダンピング調査手続の申立がなされたと発表して売られ、石川製6208やコジマ7513とともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、売買代金トップの任天堂7974は2%超の上昇。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の人気が続き、材料視されたようだ。その他売買代金上位ではソフトバンクG9984が小幅に上昇し、ゲーム株のKLab3656が活況を見せ4%超高。値上げを発表した鳥貴族3193は大きく買われた。また、第3四半期決算が市場予想を上回ったH.I.S.9603が急伸し、ヤマシンフィル6240やエフテック7212とともに東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below