Reuters logo
日経平均は4日ぶり反発、米株高を好感も上値重く
2017年9月7日 / 06:50 / 18日前

日経平均は4日ぶり反発、米株高を好感も上値重く


*15:48JST 日経平均は4日ぶり反発、米株高を好感も上値重く
日経平均は4日ぶり反発。米債務問題や北朝鮮情勢に対する警戒感の後退から、6日の米国市場でNYダウは54ドル高となった。円相場は1ドル=109円台前半まで下落し、本日の日経平均はこうした流れを受けて75円高からスタートした。朝方には19482.72円(前日比124.75円高)まで上昇する場面があったものの、その後上値の重い展開となった。引き続き北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりが重しとなったほか、本日開催される欧州中央銀行(ECB)理事会の結果を見極めたいとの思惑もあったようだ。

大引けの日経平均は前日比38.55円高の19396.52円となった。東証1部の売買高は15億2648万株、売買代金は2兆0448億円だった。業種別では、パルプ・紙、機械、金属製品が上昇率上位だった。一方、保険業、海運業、情報・通信業など5業種が下落した。

個別では、トヨタ自7203、日産自7201、ファーストリテ9983などがしっかり。リクルートHD6098は小幅高となった。コマツ6301、スズキ7269、SMC6273は2%超の上昇。自動車株や建設機械株、半導体やFA(工場自動化)関連株の堅調ぶりが目立った。また、上期が大幅増益となった三井ハイテク6966のほか、EV(電気自動車)関連のモリテック5986や安永7271、電磁波対策関連との見方が広がったオリジン電6513がストップ高まで買われた。一方、任天堂7974、ソフトバンクG9984、ソニー6758などがさえない。三菱UFJ8306や三井住友8316といったメガバンク株は小安い。また、新作ゲームの配信開始で材料出尽くし感が広がったボルテージ3639、既存店売上高の低迷がマイナス視された鳥貴族3193のほか、ジョイフル本田3191や大阪ソーダ4046などが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below