Reuters logo
日経平均は大幅反発、警戒ムードがいったん後退
2017年9月11日 / 07:03 / 14日前

日経平均は大幅反発、警戒ムードがいったん後退


*15:45JST 日経平均は大幅反発、警戒ムードがいったん後退
日経平均は大幅反発。北朝鮮が9日の建国記念日に弾道ミサイル発射などの挑発行為を行わず、地政学リスクに対する警戒感がいったん後退した。前週末に一時1ドル=107円台前半まで進んだ円高が一服したこともあって、本日の日経平均は166円高からスタートすると、前場中ごろには19567.03円(前週末比292.21円高)まで上昇する場面があった。ただ、その後は国連安全保障理事会での北朝鮮に対する追加制裁決議案の採決を見極めたいとの思惑から、高値圏でこう着感の強い展開が続いた。

大引けの日経平均は前週末比270.95円高の19545.77円となった。東証1部の売買高は14億9864万株、売買代金は1兆9899億円だった。業種別では、ゴム製品、電気機器、医薬品、金属製品が上昇率上位だった。一方、下落したのは鉱業、倉庫・運輸関連業の2業種のみだった。

個別では、任天堂7974、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、ソフトバンクG9984など売買代金上位は全般堅調。ソニー6758や日本電産6594が4%高、安川電6506が5%高となるなど、値がさハイテク株やFA(工場自動化)関連株の上昇が目立った。ルネサス6723は7%超高。エイチーム3662は好決算を受けて急伸した。また、電気自動車(EV)関連銘柄の活況が続き、安永7271やチタン工4098がストップ高まで買われた。一方、日本郵政6178が軟調で、住友鉱5713は3%近い下げ。一部証券会社による投資評価引き下げが観測されたダイキン6367は小幅に下落した。また、電磁パルス対策関連として足元人気だった阿波製紙3896がストップ安まで売られ、決算発表のカナモト9678やポールHD3657も東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below