Reuters logo
日経平均は反発、北朝鮮ミサイルの影響は限定的
2017年9月15日 / 06:52 / 10日前

日経平均は反発、北朝鮮ミサイルの影響は限定的


*15:49JST 日経平均は反発、北朝鮮ミサイルの影響は限定的
日経平均は反発。朝方に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けてリスク回避の売りが先行し、本日の日経平均は13円安からスタートした。ただ、前日に発射の兆候が伝わっていたほか、円相場も一時1ドル=109円台まで上昇したのち110円台で落ち着きを見せていたことから、日経平均は寄り付き直後に安値を付けるとプラスへと切り返した。海外投資家による買いも観測され、日経平均は後場に入ると19933.40円(前日比125.96円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比102.06円高の19909.50円となった。終値で19900円台を回復するのは8月8日以来となる。東証1部の売買高は19億8644万株、売買代金は2兆8921億円だった。業種別では、ガラス・土石製品、証券、鉱業が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、陸運業、鉄鋼など5業種が下落した。

個別では、売買代金トップの任天堂7974やトヨタ自7203、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、キーエンス6861などがしっかり。東エレク8035は2%超、アステラス薬4503やダイキン6367は3%超上昇した。アステラス薬は抗がん剤の試験結果が好感された。昭電工4004や安永7271などの電気自動車(EV)関連銘柄は強いリバウンドを見せた。また、業績予想を上方修正したオハラ5218やラサ商事3023がストップ高まで買われた。一方、ルネサス6723、日本電産6594、信越化4063などがさえない。NTT9432やKDDI9433は小幅安。東京ドーム9681は決算を受けて売られ、Jフロント3086や資生堂4911などインバウンド関連株の下げも目立った。また、ブラス2424、鎌倉新書6184、ダイニック3551などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below