Reuters logo
日経平均は続落も、配当落ち分考慮で底堅さ意識される
2017年9月27日 / 06:57 / 2ヶ月前

日経平均は続落も、配当落ち分考慮で底堅さ意識される


*15:53JST 日経平均は続落も、配当落ち分考慮で底堅さ意識される
日経平均は続落。26日のNY市場はまちまちだったが、ハイテク中心に買い戻しの動きもみられており、この流れを引き継ぐ格好から、シカゴ先物清算値の水準を上回って始まった。日経平均の配当落ち分は約130円程とみられ、前日の終値から換算すると20200円辺りが基準となるなか、60円安程度からのスタート。その後は狭いレンジでの推移となり、続落ではあるが、底堅さが意識されている。

大引けの日経平均は前日比63.14円安の20267.05円となった。東証1部の売買高は12億0227万株、売買代金は2兆0839億円だった。業種別では、電力・ガス、石その他製品油・石炭製品、陸運、医薬品が下落率上位だった。一方、海運、繊維、鉱業、水産農林、その他製品がが上昇率上位だった。

売買代金上位では任天堂7974が終日堅調だったほか、三菱UFJ8306、東エレク8035、PKSHA3993、第一生命8750、岡本硝子7746が堅調。一方で、日本郵政6178、トヨタ7203、日産自7201、ソニー6758、三井住友8316、キーエンス6861が下落。テーマ株では電池関連のほか、子育て支援など政策関連、アップル関連などに値幅取り狙いの資金が向かっていた。
《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below