Reuters logo
日経平均は10日続伸、15年5-6月以来の続伸記録に
2017年10月16日 / 10:26 / 1ヶ月前

日経平均は10日続伸、15年5-6月以来の続伸記録に


*15:29JST 日経平均は10日続伸、15年5-6月以来の続伸記録に
日経平均は10日続伸。13日の米国市場でNYダウが30ドル高と反発したことに加え、指数寄与度の大きいソフトバンクG9984で買いが先行したこともあり、本日の日経平均は66円高と前週末に付けた取引時間中の年初来高値を上回ってスタートした。ここまでの急ピッチの上昇による過熱感や、本日からの米韓合同軍事演習を受けた地政学リスクの高まりを指摘する声もあったが、日経平均は朝方に一時21347.07円(前週末比191.89円高)まで上昇すると、その後も21300円を挟んだ水準で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前週末比100.38円高の21255.56円となった。日経平均の10日続伸は15年5-6月(12日続伸)以来となる。東証1部の売買高は18億0125万株、売買代金は2兆6482億円だった。業種別では、鉄鋼、保険、証券が上昇率上位だった。一方、非鉄金属、空運業など4業種が下落した。

個別では、ソフトバンクGや任天堂7974、三菱UFJ8306、三井住友8316、みずほ8411などが堅調。ソフトバンクGは傘下の米スプリントとTモバイルUSの経営統合について大筋合意したと報じられた。データ改ざん問題に揺れる神戸鋼5406は売り一巡感から2%超高、北米のハリケーン等による保険金発生状況を公表した東京海上8766も警戒感後退で3%超高となった。また、人気が続く豊和工6203のほか、子会社による位置情報ゲーム会社への出資が材料視されたショーケース3909、上期決算が好感されたSKジャパン7608、防衛関連の双信電機6938がストップ高水準まで買われた。一方、前週末に急伸したファーストリテ9983が本日は反落し、トヨタ自7203、東エレク8035、日産自7201などは小安い。また、東洋電6505、住江織3501、東京ベース3415などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below