Reuters logo
日経平均は反発、海外株高受け買い先行後は高値こう着
2017年11月21日 / 07:16 / 20日前

日経平均は反発、海外株高受け買い先行後は高値こう着


*16:14JST 日経平均は反発、海外株高受け買い先行後は高値こう着
日経平均は反発。前日の欧米株高や円相場の下落を受けてドイツの政局混乱等に対する懸念が後退し、本日の日経平均は195円高からスタートした。朝方には一時22563.25円(前日比301.49円高)まで上昇したが、米国による北朝鮮の「テロ支援国家」再指定を受けた地政学リスクへの警戒感もあり、積極的に上値を追う動きは限定的だった。後場は22400円台後半でこう着感の強い展開となり、引けにかけてやや上げ幅を縮めてこの日の安値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比154.72円高の22416.48円となった。東証1部の売買高は15億2830万株、売買代金は2兆5004億円だった。業種別では、石油・石炭製品が3%を超える上昇となったほか、非鉄金属、鉱業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、その他製品、医薬品など5業種が下落した。

個別では、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、トヨタ自7203、安川電6506、三井住友8316など売買代金上位は全般堅調。一部証券会社のレーティング引き上げが観測されたSUMCO3436は4%超上昇した。アサツーDK9747は株式公開買付け(TOB)に関する一部報道を受けて後場急伸。米国による北朝鮮のテロ支援国家再指定を受けて豊和工6203や石川製6208などの防衛関連銘柄にも物色が向かった。また、業績予想を上方修正したヤーマン6630がストップ高まで買われ、東証1部上昇率トップとなった。一方、ソニー6758、JT2914、リクルートHD6098、ダイキン6367などがさえない。目標株価引き下げ観測のしまむら8227は2%超安。また、T&Gニーズ4331、ブロドリーフ3673、双信電機6938などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below