March 27, 2018 / 6:55 AM / 6 months ago

日経平均は大幅続伸、国内外のリスク懸念後退で500円超高


*15:53JST 日経平均は大幅続伸、国内外のリスク懸念後退で500円超高
日経平均は大幅続伸。26日の米国市場でNYダウは4日ぶりに大幅反発し、669ドル高となった。貿易戦争の回避に向けて米中高官が交渉を開始し、市場の警戒感が和らいだ。本日の日経平均はこうした流れを受けて192円高からスタートすると、朝方から始まった学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざん問題に関する佐川前国税庁長官の証人喚問を受けて国内政治リスクに対する懸念も後退し、上げ幅を広げる展開となった。本日は3月末の権利付最終売買日であり、配当取りや再投資の動きも株価を押し上げた。

大引けの日経平均は前日比551.22円高の21317.32円で、高値引けとなった。今年1月4日以来の上げ幅となる。東証1部の売買高は16億4385万株、売買代金は3兆2137億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、石油・石炭製品、ガラス・土石製品、卸売業、陸運業、不動産業が上昇率上位だった。

個別では、トヨタ自7203、三菱UFJ8306、ソニー6758が3%を超える上昇となったほか、任天堂7974、ソフトバンクG9984、ファナック6954などその他売買代金上位も全般堅調。中国関連銘柄とされるコマツ6301や一部証券会社がレーティングを引き上げたパナソニック6752は5%高と上げが目立った。また、イーブック3658が連日でストップ高比例配分となったほか、業績上方修正と増配を発表したアルゴグラフ7595、レーティング引き上げ観測の象印マホービン7965も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、優待権利落ち前に手仕舞い売りが先行したコロワイド7616、業績下方修正のワキタ8125などが軟調。レーティング引き下げ観測のヤオコー8279も売られる場面があり、松本会長兼CEOの退任を発表したカルビー2229は後場急落した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below