April 4, 2018 / 7:02 AM / 6 months ago

日経平均は反発、ハイテク軟調もファーストリテが下支え


*15:58JST 日経平均は反発、ハイテク軟調もファーストリテが下支え
日経平均は3日ぶり反発。3日の米国市場でハイテク株に買い戻しの動きが広がった流れを受けて、先物主導で幅広い銘柄に買いが先行し、21400円を回復して始まった。ただし、東エレク8035、ソフトバンクG9984などが重しとなり、寄付きの21415.85円を高値にその後は下げに転じている。ただし、後場に入ると日銀のETF買い入れへの思惑や新年度入りに伴う需給改善期待等から下げ渋ると、大引けにかけては再びプラスに転じている。大引けの日経平均は前日比27.26円高の21319.55円となった。東証1部の売買高は15億1906万株、売買代金は2兆6471万円だった。業種別ではゴム製品、水産農林、倉庫運輸、不動産、小売、陸運、その他金融がしっかり。半面、ガラス土石、電気機器、機械、化学、銀行、非鉄金属が弱含みだった。

個別ではファーストリテ9983が一時3.0%を超える上昇となり、日経平均をけん引している。その他、前日にストップ高となったマネックスG8698は、利食いをこなしながらも5%を超える上昇。その他、ジーンズメイト7448が急伸するなど、アパレル業界の既存店の好調が相次いでおり、より内需物色の流れが強まっている。一方で任天堂7974に対する利益確定の流れが強まっているほか、黒鉛電極の需給悪化への警戒から昭和電工4004、東海カーボン5301が急落。




《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below