April 5, 2018 / 7:05 AM / 3 months ago

日経平均は大幅続伸、貿易摩擦への警戒和らぎ一時400円超高


*15:59JST 日経平均は大幅続伸、貿易摩擦への警戒和らぎ一時400円超高
日経平均は大幅続伸。4日の米国市場でNYダウは続伸し、230ドル高となった。寄り付き直後に500ドルを超える下落となる場面もあったが、米中貿易摩擦に交渉余地が残るとの見方から過度な警戒感が和らいだ。本日の日経平均はこうした流れから221円高でスタートすると、円相場の弱含みも支援材料となり、前場中ごろを過ぎると一段高の展開となった。不動産など出遅れ感の強いセクターに資金が向かった。後場に入ると日経平均は21737.66円(前日比418.11円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比325.87円高の21645.42円となった。終値としては約3週間ぶりの水準を回復した。東証1部の売買高は15億4778万株、売買代金は2兆6536億円だった。業種別では、精密機器、不動産業、銀行業が上昇率上位だった。一方、非鉄金属、鉄鋼、水産・農林業など5業種が下落した。

個別では、三菱UFJ8306、三井住友8316、ソニー6758、ファナック6954などが堅調。任天堂7974やトヨタ自7203は小高い。ファーストリテ9983は3%近く上昇し、日経平均を約48円押し上げた。三井不8801が4%超高となるなど不動産株も上げ目立つ。また、中国スーパーにPOSシステムなどの提供開始と報じられたヴィンクス3784がストップ高水準まで買われたほか、サイバーコム3852やペッパー3053も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG9984、キーエンス6861、武田4502、パナソニック6752などが小安い。前日大きく売られた昭電工4004や東海カ5301は続落。大株主の保有株売却が伝わったマクロミル3978は5%安と下げ目立つ。また、マネックスG8698は仮想通貨取引所のコインチェックが出資受け入れなどと報じられたが、直近の株価急騰による反動で東証1部下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below