April 9, 2018 / 7:17 AM / 5 months ago

日経平均は反発、後場買い戻しの動き強まる


*16:12JST 日経平均は反発、後場買い戻しの動き強まる
日経平均は反発。朝方は小安く始まったものの、後場に入って買い戻しの動きが強まった。前週末の米国株式市場では、トランプ大統領が1000億ドル分の対中追加関税を検討するよう指示したことが米中貿易戦争を激化させるとの懸念から、NYダウが572ドル安の急反落となった。しかし、東京市場では既に6日に織り込み済みだったこともあり、内需株や好業績株を中心に値ごろ感から買い戻しが入った。前場の日経平均は前週末終値を挟んで一進一退の展開だったが、後場に入ると上げ幅を170円近くに広げる場面があった。

大引けの日経平均は前週末比110.74円高21678.26円となった。東証1部の売買高は13億9023万株、売買代金は2兆2652億円だった。業種別では、水産・農林業、パルプ・紙、保険業が上昇率上位だった。一方、石油・石炭製品が2%超下げたほか、ゴム製品や鉱業が下落率上位だった。

個別では、任天堂7974、ファーストリテ9983、三菱UFJ8306などがしっかり。トヨタ自7203やソニー6758は小高い。マネックスG8698が売買代金トップで大幅続伸し、中小型株ではレーティング引き上げ観測のKLab3656が活況を見せた。また、無人レジ関連として人気のヴィンクス3784がストップ高水準で本日の取引を終えたほか、決算が好感された大有機化4187やセラク6199も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG9984、ファナック6954、キーエンス6861などがさえない。今週決算発表を控える安川電6506、携帯電話事業参入に向けて周波数割り当てが認められた楽天4755は2%超下落した。また、パソナ2168やオンワードHD8016が決算を受けて急落し、東証1部下落率上位に顔を出した。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below