April 11, 2018 / 9:45 AM / 7 months ago

日経平均は反落、外需シフトも内需の利食いを吸収できず


*18:41JST 日経平均は反落、外需シフトも内需の利食いを吸収できず
日経平均は反落、外需シフトも内需の利食いを吸収できず

日経平均は反落。10日の米国市場は、習近平国家主席の演説で米中貿易摩擦への警戒心が大きく後退するなか、フェイスブックのザッカーバーグCEOが米公聴会で謝罪したことが評価されたほか、原油市況の急伸などを受け、NYダウは428ドル高と高騰。為替相場もも1ドル107円台でやや円安気味に推移した。この流れを受けた日本株市場ではあったが、習近平国家主席の講演内容を前日に織り込んでいたこともあり、日経平均は小幅な続伸でスタートと影響は限られた。その後は前日終値を挟んだもみ合いから次第に下げ幅を広げる展開となると、後場は利益確定流れが強まり、本日の安値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比107.22円安の21687.10円となった。東証1部の売買高は15億3320万株、売買代金は2兆5586億円だった。業種別では、原油市況の急伸を受けて石油・石炭製品、鉱業が3%超の上昇、海運、非鉄金属、鉄鋼など市況関連が引き続き買われた。また、内閣府が発表した2月の機械受注統計が前月比2.1%増と、減少予想に反して好調だったことから、機械が堅調だった。一方、精密、小売、食料品、サービス、医薬品、陸運など内需関連を中心に利食い優勢。

個別では、竹内製作所6432が8%を超える上昇。前期業績の上振れや今期増配計画が評価材料となった。また、マネックスG8698は一時ストップ高を付けて、年初来高値を更新している。その他、ソフトバンクG9984が、米スプリントとTモバイルUSの統合交渉再開が好感され、一時3月末以来の8000円を回復している。その他、内需から外需セクターへのリバランスがみられるなか、ファナック< 6954>、TDK6762、安川電機< 6506>がしっかり。原油市況急伸を受けて、日本海洋掘削1606、三井海洋開発6269、石油資源開発1662、国際石油開発帝石1605の資源関連が一斉に買われた。一方、Jフロント< 3086>が前日の決算発表で今期営業減益見通しが失望されて年初来安値を更新。ファーストリテ9983、花王4452、ユニー・ファミマ8028、資生堂4911など内需ディフェンシブ銘柄が利食い優勢の展開、その他、ヤマハ7951 、NTTデータ<9613 >が3%強の下落となった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below