April 12, 2018 / 7:22 AM / 4 months ago

日経平均は小幅続落、地政学リスクで上値重く


*16:18JST 日経平均は小幅続落、地政学リスクで上値重く
日経平均は小幅続落。11日の米国市場では、米国がミサイルによるシリア攻撃をほのめかしたことで中東情勢の緊迫化への懸念が広がり、NYダウは218ドル安と3日ぶりに急反落した。為替も1ドル=106円台へと円高が進み、本日の日経平均はこうした流れから朝方に一時95円安まで下落した。外需・景気敏感株が反落する一方、好決算を発表した小売株などが買われ、日経平均はプラスに切り返す場面も見られた。しかし、地政学リスクへの警戒感などから上値は重く、小安い水準でのもみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比26.82円安の21660.28円となった。東証1部の売買高は13億1062万株、売買代金は2兆1030億円だった。業種別では、ガラス・土石製品、ゴム製品、海運業、石油・石炭製品、機械などが下落率上位で、市況関連を中心に軟調だった。一方、精密機器、小売業、食料品、鉱業、繊維などが上昇率上位で、内需関連を中心に買い戻された。

個別では、サイゼリヤ7581が12%安と急落して東証1部下落率トップ。上期決算発表とともに通期業績予想を下方修正した。吉野家HD9861も今期の増益率鈍化などが嫌気され、大きく売られた。その他、ファナック6954、京セラ6971、TDK6762、東エレク< 8035>、ホンダ7267、ソニー6758など前日まで買い戻されていた外需関連株が総じてさえなかった。一方、日野自7205は独VWとの包括提携が報じられて5%超の上昇。好決算を発表したイオン8267は4%高、良品計画7453も5%超高となった。内需・ディフェンシブ関連株の反発が目立った。マネックスG8698は連日の大商いで続伸した。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below