April 17, 2018 / 7:26 AM / 3 days ago

日経平均は小幅に3日続伸、様子見気分強く後場は動き止まる


*16:23JST 日経平均は小幅に3日続伸、様子見気分強く後場は動き止まる
日経平均は小幅に3日続伸。16日の米国市場では、シリア攻撃は終了したとの見方から中東情勢の緊張が和らぎ、決算発表への期待が高まったことで、NYダウは212ドル高で引けた。為替も1ドル107円台を維持している。東京市場では、手掛かり難の中、日経平均は、前場こそ前日終値から上下60円前後の小幅な振幅を繰り返したが、後場になって小動きが続く様子見相場となった。2月決算発表がほぼ終了し、来週以降の3月決算発表の本格化と日米首脳会談を控えて、売り買いを手控える展開となった。

大引けの日経平均は前日比12.06高の21847.59円となった。東証1部の売買高は13億5346万株、売買代金は2兆1246億円だった。業種別上昇率では、中東情勢が落ち着いたことで買い安心感が広がり石油・石炭、鉱業が1、2位、内需関連を中心に食料品、小売、空運、精密、陸運、ガラス・土石と続いた。一方、下落率上位は、繊維、銀行、証券、不動産、鉄鋼、保険と、米国の長短金利差が縮小したのを受けて、金融関連の売りが目立ち、市況関連も軟調だった。

個別では、キリン堂HD3194が15%上昇と2日連続して東証1部市場での上昇率第1位となった。決算を好感した買いが続いた。千代建6366が5.3%高、明治HD2269が3.3%高と買われた。明治HDは一部外資系証券が投資判断、目標株価を引き上げたことが材料。一方、小野薬4528が非小細胞肺がん治療薬に関し、同社のオプジーボよりもメルクのキイトルーダのほうが優位との観測が高まり8.8%安と売られたのが目立ったくらいで、外需関連が幅広く利食い売りに押された。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below