April 19, 2018 / 7:24 AM / 3 months ago

日経平均は5日続伸、日米会談通過で買い先行も伸び悩み


*16:16JST 日経平均は5日続伸、日米会談通過で買い先行も伸び悩み
日経平均は5日続伸。18日の米国市場はNYダウが38ドル安となる一方、ナスダック総合指数が上昇するなど高安まちまちだった。また、トランプ米大統領と安倍首相の共同記者会見では日米間の通商摩擦を刺激するような発言はなく、日米首脳会談は無難に終わったことが確認された。為替は円安方向に振れ、東京市場では買い安心感から日経平均が前場に一時202円高まで上げ幅を広げ、2万2300円台に乗せる場面もあった。ただ、後場に入ると利益確定売りに押されて上げ幅を縮め、本日の安値近辺で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比32.98高の22191.18円となった。日経平均の5日続伸は今年初めて。東証1部の売買高は15億7719万株、売買代金は2兆5927億円だった。業種別の上昇率上位は、非鉄金属、鉄鋼、石油・石炭製品、電気・ガス業、鉱業。下落率上位は、ゴム製品、サービス業、空運業、小売業、不動産業など。商品市況の上昇を受けて関連セクターの上昇が目立った。

個別では、安永7271が業績と配当の上方修正で11.7%高、平田機工6258が欧州自動車メーカーから電気自動車の生産設備を受注したことで9.7%高となり、それぞれ東証1部で2位、3位の上昇率となった。ミズノ8022は業績修正で8.8%高と同5位の上昇率。住友鉱5713など非鉄各社の上昇も目立った。また、エムアップ3661がVR(仮想現実)事業を手掛ける新会社設立を発表してストップ高を付けた。そのほか、三菱UFJ8306、ルネサス6723、三井住友8316、ソフトバンクG9984などが買われた。一方、マネックスG8698が売買代金トップで7.5%安、コナミHD9766が欧州サッカー連盟との契約終了で5.1%安となった。そのほか、任天堂7974、ファーストリテ9983、ファナック6954、ソニー6758などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below