May 15, 2018 / 6:47 AM / 4 months ago

日経平均は4日ぶり反落、短期的な過熱感意識も下値堅く


*15:42JST 日経平均は4日ぶり反落、短期的な過熱感意識も下値堅く
日経平均は4日ぶり反落。14日の米国市場では、通商問題を巡る米中協議進展への期待からNYダウが68ドル高と8日続伸した。米長期金利の上昇とともに円相場は弱含み、本日の日経平均はこうした流れを受けて23円高からスタートした。ただ、直近3営業日で450円超上昇していたことから短期的な過熱感を意識した売りも出て、前場は前日終値を挟み一進一退の展開となった。後場に入ると22805.72円(前日比60.14円安)まで下落する場面もあったが、円相場が1ドル=110円近くまで下落したことなどが下値を支えた。

大引けの日経平均は前日比47.84円安の22818.02円となった。東証1部の売買高は17億3046万株、売買代金は2兆7419億円だった。業種別では、不動産業の下げが目立ったほか、サービス業や証券などが軟調だった。一方、繊維製品、銀行業、精密機器が上昇率上位だった。

個別では、マネックスG8698、武田薬4502、トヨタ自7203、資生堂4911、東京電力HD9501などが軟調。三菱地所8802は5%安と下げが目立った。株主還元姿勢に変化が見られない点がネガティブ視されたようだ。不動産株では前日買われた三井不8801も反落。リクルートHD6098は取引時間中に発表した決算を受けて値を崩す場面があった。また、IBJ6071やPCDEPOT7618などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、三井住友8316が売買代金トップで2%高。堅調な決算や増配、自社株買い実施が好感された。三菱UFJ8306やみずほ8411といったメガバンク株も買われた。その他売買代金上位では、村田製6981、ファーストリテ9983などが堅調で、任天堂7974は小高い。また、日東工6651や大末建1814などが東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below