May 31, 2018 / 6:46 AM / 24 days ago

日経平均は3日ぶり反発、欧州政局不安が一服


*15:42JST 日経平均は3日ぶり反発、欧州政局不安が一服
日経平均は3日ぶり反発。30日の米国市場では、イタリアの政局不安が一服し、投資家心理も持ち直し、米国債利回りの上昇を受けた金融関連銘柄を中心に買い戻しの動きが広がったほか、原油高も好感され、終日上昇となった。シカゴ225先物は大証比225円高の22255円で引けており、その水準にサヤ寄せする格好でのスタートとなった。直近2営業日で日経平均は460円超下落している分、買い戻しの動きが広がり、前日に空けたマド(22240円処)を埋める場面もみられた。円高進行の一服などの外部環境も後押しし、医薬品などのディフェンシブセクター中心にショートカバーの動きが強まった。

大引けの日経平均は前日比183.30円高の22201.82円となった。東証1部の売買高は22億2866万株、売買代金は4兆4333億円だった。業種別では、石油石炭製品が3%超の上昇となるほか、ガラス土石製品、精密機器、その他製品なども上昇した。

個別では、資生堂4911が5%超の上昇となったほか、トヨタ自動車7203、東海カーボン5301、三菱商事8058、花王4452、キリン2503、リクルートHD6098などが上昇。資生堂は、JPモルガンによる目標株価引き上げが好感された。同証券では、資生堂はこれまでマージン改善による踊り場知らずの対数的成長を続けているが、2020年を境にして、指数関数的成長要因も加わる可能性があると指摘している。また、化粧品の新カテゴリー領域での先行者利得は、株価にまだ織り込まれていない注目材料と捉えており、Best of Japan銘柄リストに採用しているようだ。一方で、三菱UFJ8306、サイバーエージェント4751、東京エレクトロン8035、日産自動車7201は軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below