June 5, 2018 / 6:47 AM / 4 months ago

日経平均は続伸、米中貿易摩擦を巡る警戒感などから上値重く


*15:43JST 日経平均は続伸、米中貿易摩擦を巡る警戒感などから上値重く
日経平均は続伸。4日の米国市場では、引き続き雇用統計を受けた米長期金利の上昇を背景に、買いが先行。トランプ政権による鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税を巡る貿易戦争への懸念が一服したほか、ハイテク株が選好され、終日堅調推移となった。4日のシカゴ日経平均は大証比50円高の22560円で引けており、そちらにサヤ寄せする格好から本日の日経平均は東京エレクトロン8035などの半導体関連がけん引のもと買い先行となった。その後は、新たな材料のない中、全般としては22500円水準でのもみ合う展開。米中貿易摩擦を巡る警戒感が依然として市場に残っており、積極的な売買を手がけにくい状況に。なかでも、前週末までの1週間で3%を超える下落率となった非鉄金属、海運業、ゴム製品セクターや、前週末から今週初にかけて10%程度の調整を見せていた任天堂7974などを買い戻す動きは散見されたものの、相場の地合いを変えるには至らなかった。

大引けの日経平均は前日比63.60円高の22539.54円となった。東証1部の売買高は15億4648万株、売買代金は2兆3824億円だった。業種別では、情報・通信、その他製品、ゴム製品が上昇した。一方で、鉱業、石油石炭製品、証券・商品先物はさえない。

個別では、値上がり率上位に、共同研究締結先企業の非臨床試験開始が期待材料視されたアジュバンコスメジャパン4929のほか、JDI6740やMDV3902が並んだ。売買代金上位では、日本通信9424が7%超の上昇したほか、任天堂7974が3営業日ぶりに反発した。そのほか、ソフトバンクG9984やソニー6758などが堅調。一方で、トヨタ自動車7203、東海カーボン5301、マネックスG8698などはさえない。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below