June 14, 2018 / 8:07 AM / 11 days ago

日経平均は4日ぶりに反落、ややタカ派な米金融政策に警戒感先行


*17:03JST 日経平均は4日ぶりに反落、ややタカ派な米金融政策に警戒感先行
日経平均は4日ぶりに反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が、ややタカ派に傾いたことなどから米国株は下落。外部環境の悪化を材料に、日経平均は前日比マイナスで取引を開始した。為替市場では、ドル・円は110円台前半と目立った動きは観測されなかったが、14時過ぎから先物市場でまとまった売りが入り日経平均は下げ幅を拡大。安値引けとなった。なお、一部市場関係者にの指摘によると今月初の日銀によるETF買い入れが実施されたもよう。

大引けの日経平均は前日比227.77円安の22738.61円となった。東証1部の売買高は14億9745万株、売買代金は2兆4018億円だった。業種別では、パルプ・紙、その他製品、ガラス、鉱業、電気機器が下落した一方、海運、水産・農林、石油・石炭製品、銀行の4セクターのみ上昇。

個別では、同業他社の上場によってリバランスなどが警戒視されて王子HD3861が下落したほか、TOTO5332、ユニファミマ8028、エーザイ4523も売り優勢となった。一方、りそなHD8308、千葉銀8331、コンコルディア7186と銀行株が堅調推移だったほか、楽天4755、キリンHD2503がしっかり。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below