July 27, 2018 / 6:49 AM / 24 days ago

日経平均は反発、米株高・円安好感の買いや好業績株物色で


*15:43JST 日経平均は反発、米株高・円安好感の買いや好業績株物色で
日経平均は反発。26日の米国市場でNYダウが112ドル高と3日続伸したこと、為替相場が1ドル=111円台前半と前日に比べ円安方向に振れていたことなどが好感され、本日の日経平均は59円高からスタートした。前場は円相場の下げ渋りや中国株の下落を受けて急速に上げ幅を縮めるなど、荒い値動きとなる場面が見られた。後場に入るとややこう着感を強めたが、日銀が固定利回りで無制限に国債を買い入れる「指し値オペ」を通知したことから円相場がやや下落し、日経平均は強含みとなって高値引けした。

大引けの日経平均は前日比125.88円高の22712.75円となった。東証1部の売買高は13億8133万株、売買代金は2兆1679億円だった。業種別では、化学、鉱業、ゴム製品が上昇率上位だった。一方、証券の軟調ぶりが目立ち、ほかに繊維製品など4業種が小幅に下げた。

個別では、エーザイ4523が2%高と反発したほか、任天堂7974、ソフトバンクG9984、トヨタ自7203、JT2914などが堅調。エーザイは一部証券会社のレーティング引き上げが支援材料となった。三菱UFJ8306などの銀行株は日銀による指し値オペで金利上昇が一服したため、引けにかけて伸び悩んだ。決算発表銘柄では花王4452が3%近い上昇。また、ネットワン7518が活況を見せて東証1部上昇率トップとなり、日立金5486や富士電機6504なども大きく買われた。一方、東エレク8035、三井住友8316、日本電産6594、キヤノン7751、日産自7201などが小安い。キヤノンは業績予想を下方修正し、日産自は第1四半期が低調な出足だったが、大きな下落にはつながらなかった。野村8604などの証券株は決算を受けて下げが目立った。また、LIFULL2120や三陽商8011などが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below