August 2, 2018 / 6:50 AM / 4 months ago

日経平均は3日ぶり反落、米中貿易摩擦やアジア株安を嫌気


*15:48JST 日経平均は3日ぶり反落、米中貿易摩擦やアジア株安を嫌気
日経平均は3日ぶり反落。1日の米国市場では、アップルの好決算や7月ADP雇用統計が好感され、買いが先行。トランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への関税率引き上げを検討していることが報じられると、S&P500とダウは上げ幅を縮小して下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の22625円となり、日経平均はこれにサヤ寄せする格好でマイナススタートになった。その後は、米中貿易摩擦への警戒感が根強く残るなか、全面安となったアジア市場動向を嫌気したヘッジファンドなどによる売り注文も観測され、日経平均は後場にかけて一段安となった。

大引けの日経平均は前日比234.17円安の22512.53円となった。東証1部の売買高は16億4242万株、売買代金は2兆7678億円だった。業種別では、決算が好感された王子HD3861の上げが目立ったパルプ紙が4%超の上昇となったのみで、そのほか32業種は下落した。

個別では、指数インパクトの大きいファーストリテ9983やソフトバンクG9984、ファナック6954やKDDI9433が下落した。KDDIは、前日の4-6月期決算で増収増益が確認されたものの、主力の携帯事業の落ち込みが嫌気される格好になった。一方で、ソニー6758や東海カーボン5301、三菱商事8058は堅調な推移を見せた。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below