August 24, 2018 / 7:12 AM / a month ago

日経平均は4日続伸、売買低調も円安支えに190円高


*16:02JST 日経平均は4日続伸、売買低調も円安支えに190円高
日経平均は4日続伸。23日の米国市場では米中貿易摩擦やトランプ政権の「ロシア疑惑」に対する懸念から積極的な買いが手控え、NYダウは76ドル安と続落した。一方、為替市場では米利上げ継続観測が広がり、円相場が1ドル=111円台前半まで下落。本日の日経平均は円安を好感して73円高からスタートした。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を控え売買は低調だったが、日経平均は円安進行を支えにじりじりと上げ幅を広げ、この日の高値圏で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比190.95円高の22601.77円となった。東証1部の売買高は9億8377万株、売買代金は1兆7634億円だった。業種別では、パルプ・紙、サービス業、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、鉄鋼や非鉄金属などが下落した。

個別では、ソフトバンクG9984やファーストリテ9983といった指数寄与度の大きい値がさ株の堅調ぶりが目立った。ソフトバンクGは中国アリババ集団の減益決算を受けて朝方売られたが切り返した。その他売買代金上位では任天堂7974、トヨタ自7203、ソニー6758などがしっかり。中期経営計画目標の前倒し達成観測が伝わったエーザイ4523も買われた。また、オルトプラス3672が連日のストップ高となったほか、MDM7600や第一精工6640も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、スズキ7269、コマツ6301、ファナック6954などがさえない。コマツは米同業の株価下落やレーティング引き下げ観測で売られた。東海カーボ5301は利益確定売り優勢で2%超安。既存店売上高が低調だったしまむら8227も下げが目立った。また、アトラエ6194や千代化建6366などが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below