September 3, 2018 / 6:46 AM / 17 days ago

日経平均は続落、貿易摩擦懸念が重しで売買も低調


*15:40JST 日経平均は続落、貿易摩擦懸念が重しで売買も低調
日経平均は続落。8月31日の米国市場でNYダウは22ドル安と小幅に続落した。注目された米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が予想に反して合意に至らず、3連休を前に利益確定の売りが優勢だった。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで45円安からスタートすると、円相場の下げ渋りとともに軟調な展開となった。本日は米国市場がレーバーデーの祝日で休場のため海外投資家の取引参加は限定的で、日経平均は後場に入ると22684.43円(前週末比180.72円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比157.77円安の22707.38円となった。東証1部の売買高は10億8303万株、売買代金は1兆7989億円だった。業種別では、金属製品、不動産業、建設業が下落率上位だった。一方、空運業、水産・農林業、小売業など5業種が上昇した。

個別では、トヨタ自7203、ソニー6758、東エレク8035といった輸出株が軟調で、任天堂7974やソフトバンクG9984も小安い。SUMCO3436、信越化4063などは2%超安。米半導体メーカーを買収する方針と報じられたルネサス6723だが、買収額が割高といった見方などから6%超下落した。また、投資用不動産融資の資料改ざんの疑いが報じられたTATERU1435は売り気配のままストップ安比例配分となり、大東建1878などにも売りが波及した。一方、ファーストリテ9983やKDDI9433はしっかり。シンガポールのIT企業への出資を発表したスタートトゥ3092は5%高、目標株価引き上げ観測のカプコン9697は4%高となり、格安スマートフォンの普及期待で日本通信9424も活況を見せた。また、日特建1929などが東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below