September 20, 2018 / 7:30 AM / 3 months ago

日経平均は小幅ながら5日続伸、総裁選による材料出尽くし感広がる


*16:26JST 日経平均は小幅ながら5日続伸、総裁選による材料出尽くし感広がる
日経平均は小幅ながら5日続伸。19日の米国市場では、主要ハイテク株はさえなかったが、中国の李克強首相が輸出競争力を向上させるために人民元切り下げを行わないと発言し、貿易摩擦への懸念が後退し、NYダウは続伸した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の23580円となり、本日の日経平均はこちらの水準を上回って朝方から買いが先行した。注目された自民党総裁選では、石破茂元幹事長による得票率の伸びが伝わると、日経平均は一時マイナスに転じる場面もみられた。一方で、最終的には大方の予想通り、安倍晋三首相の3選が決まったものの、目先の材料出尽くし感が広がったことから戻りは限定的であった。

大引けの日経平均は前日比2.41円高の23674.93円となった。東証1部の売買高は16億7342万株、売買代金は2兆9830億円だった。業種別では、その他製品、銀行業、鉄鋼が上昇した一方で、パルプ・紙、空運業、金属製品は軟調。

指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983と日立建機6305が、2銘柄で指数を約32円程度押し上げた。日立建機は、中国による輸入品に対する関税率引き下げ報道が、一部メディアによって伝わったことから中国関連銘柄として買戻しの動きが優勢となった。売買代金上位では、ニンテンドースイッチ向けの月額制オンライン有料サービスを開始した任天堂7974が4%を超える上昇となったほか、米長期金利上昇を受けて、三菱UFJ8306やみずほ8411、三井住友銀8316といったメガバンク株が堅調な動きをみせた。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below