September 27, 2018 / 6:46 AM / 3 months ago

日経平均は9日ぶり反落、いったん過熱感が意識される展開


*15:42JST 日経平均は9日ぶり反落、いったん過熱感が意識される展開
日経平均は9日ぶり反落。26日の米国市場では、米中貿易摩擦への懸念が広がるなか、注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)では大方の予想通り、政策金利が引き上げられたが、金融政策については「緩和的」という表現が声明文から削除され、当局による利上げ方針が終了間近であるとの見方から長期金利が低下した。金融セクターに売りが広がり、引けにかけて下落する展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の23880円となり、日経平均はこちらの水準を上回ったものの、朝方から売りが先行した。米国の流れを受けた金融株のほか、FA関連中心に売られたハイテク株などが総じてさえない推移となった。日経平均が約8カ月ぶりに24000円の大台を回復したことで、いったん過熱感が意識され、目先の利益を確定する動きが強まった。

大引けの日経平均は前日比237.05円安の23796.74円となった。東証1部の売買高は13億9056万株、売買代金は2兆8110億円だった。業種別では、空運業を除く32業種が全面安となった。

個別では、FOMC後の米長期金利低下を受けて三菱UFJ8306などの金融株がさえない。また、国内外の証券会社によってFA業界に対する先行き懸念がくすぶる格好となるなか、ファナック6954が3.6%の下落となったほか、安川電機6506やキーエンス6861など関連銘柄の下落が目立つ。そのほか、上振れ材料に一巡感として国内証券による格下げが観測されたリクルートHD6098も軟調な推移になった。一方で、日米首脳会談で物品貿易協定締結に向けた交渉を始めることで合意したことを受けて、米国市場のウェイトが高いSUBARU7270には買い安心が広がったほか、ファーストリテ9983や武田薬品4502なども堅調な動きになった。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below