November 22, 2018 / 6:54 AM / a month ago

日経平均は3日ぶり反発、内需系中心に買い戻しの動き


*15:51JST 日経平均は3日ぶり反発、内需系中心に買い戻しの動き
 

日経平均は3日ぶり反発。前日の米国株式相場において、ハイテクセクター中心に買い戻しの動きが広がったことを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の21650円に。円相場は1ドル113円付近と前日比円安方向で推移するなか、朝方の東京市場にも買いが先行した。前場中ごろに中国株の戻りの鈍さが意識されると日経平均はマイナスに転じる場面もあったものの、国内三連休や米感謝祭を控えた売り方の買い戻しなどもあり、大引けにかけて上げ幅を拡大する格好になった。物色としては、外部環境が不透明ななか、内需・ディフェンシブセクターの銘柄が相場のけん引役となったほか、東証1部の中小型株、ジャスダックやマザーズ銘柄にも短期資金が向かう格好に。

大引けの日経平均は前日比139.01円高の21646.55円となった。東証1部の売買高は12億162万株、売買代金は2兆810億円だった。セクターでは、水産農林、陸運業、食料品が上昇する一方で、鉱業、海運業、鉄鋼は軟調。

指数インパクトの大きいところでは、ユニー・ファミリーマートホールディングス8028が5%高となったほか、KDDI9433や資生堂4911が相場を押し上げた。売買代金上位では、任天堂7974、トヨタ自動車7203、日産自動車7201、東京エレクトロン8035が堅調。一方で、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、ファーストリテイリング9983、武田薬品4502はさえない。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below