December 3, 2018 / 6:47 AM / 8 days ago

日経平均は大幅に7日続伸、米中摩擦激化の懸念が後退


*15:43JST 日経平均は大幅に7日続伸、米中摩擦激化の懸念が後退
日経平均は大幅に7日続伸。注目された週末の米中首脳会談では、米国が中国に対する追加関税の発動を90日間猶予するほか、これまでに発動済みの追加関税についても撤廃する方向で協議することが決まったと伝わった。米中摩擦激化の懸念がいったん後退したとの見方から買いが先行し、週明けの日経平均は278円高でスタートすると、中国などのアジア株高も追い風となって、後場には一時22698.79円(前週末比347.73円高)まで上昇した。ただ前週末までに6日続伸していることから、上値では利益確定の売りも出た。

大引けの日経平均は前週末比223.70円高の22574.76円となった。東証1部の売買高は13億4078万株、売買代金は2兆4306億円だった。業種別では、海運業、石油・石炭製品、鉱業、輸送用機器、鉄鋼が上昇率上位で、その他も全般堅調。一方、空運業のみ小幅に下落した。

個別では、トヨタ自7203、ソニー6758、資生堂4911、村田製6981が3%を超える上昇となり、その他売買代金上位もソフトバンクG9984、任天堂7974、三菱UFJ8306など全般堅調。米中摩擦激化が回避され、村田製などの米アップル関連銘柄や郵船9101などの景気敏感株を中心に上げが目立った。また、業績上方修正のトリケミカル4369がストップ高水準で取引を終えて東証1部上昇率トップ。一部メディアの社長インタビューなどが買い材料視されたルネサス6723も上位に顔を出した。一方、ファーストリテ9983、武田薬4502、NTT9432はさえない。前週末に年初来高値を更新したJR九州9142は一転して利益確定の売りが広がり、3%超下落した。また、ワタベ4696などが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below